Winter Carnival

2014年02月16日 22:12

ケベックシティはこの2週間ほど、
ウィンターカーニバルなるもので賑わっており、
最終日の今日まで、街では色んなイベントが行われている。
氷の彫刻とか野外ジャグジーとかパレードとか、いろいろ。

先週末は、氷の張った川でカヌーレースがあり、見に行ったのだが、
氷が張っていない部分をひたすらオールで漕ぎ、
氷の上に乗ったらひたすらカヌーを押す、
というちょっとクレイジーな競技だった。
うーん、なかなか寒そう。

カーニバルは今年で60周年らしく、
「ボンノーム」というマスコットキャラクターが街中に飾られている。
カーニバルの入場パスも小さなボンノーム人形。
みな、上着にぶら下げて歩いている。
という感じで、一見かなり愛されている風だけど、これがまたあまり可愛くない。
先週出席したコロキウムのオープニングセレモニーにも
スペシャルゲストでスポットライトを浴びて登場したのだが、
身長2メートルで、顔の肌はブツブツ、
口元に内蔵されたスピーカーを通して発せられる声はやたら貫禄のある老年。

さらに、大統領の演説のような口調。

街では、ボンノームに頭をなでられた子供が泣き出す始末。
周囲の学生や研究者に聞いたところによると、
ボンノームを見るとストレスでおなかが痛くなる子供もいるらしい。

恐るべし、ボンノーム・・・
でも、なんだか気になる存在、ボンノーム・・・

—————

戻る


お問い合わせ先

田邊優貴子

「大学院生募集中!」
一緒に南極や北極で研究をしたい大学院生(修士、博士課程)は随時募集中です。
国立極地研究所は、「総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻」として大学院教育もしています。
まずは、問い合わせフォーム or メールにてご連絡下さい。

「取材・講演依頼など」
取材・講演・執筆依頼などありましたら、
お気軽に メール or 問い合わせフォーム にてご連絡下さい。