学会発表

学会発表(国際)

Mechanisms of nutrients enclosure inside microbial mat in Antarctic oligotrophic lakes by combination approach of observation data and theoretical study
Tanabe Y, Mizuno A
SIL (Society of International Limnology) 2016, トリノ(イタリア) 2016年8月2日

Limnology and ecology of lakes along the Soya Coast, East  Antarctica
Sakae Kudoh, Yukiko Tanabe
The 6th Symposium on Polar Science、国立極地研究所(東京)  2015年11月17日 
Abundance, richness, and succession of microfungi in  relation to chemical changes in Antarctic moss profiles
Takashi Osono, Dai Hirose,  Satoru Hobara, Yukiko Tanabe, Masaki Uchida, Sakae Kudoh
The 6th Symposium on Polar Science、国立極地研究所(東京)  2015年11月16日

Factors leading to differences in water availability and  photosynthetic activity of High Arctic lichens
Takeshi Inoue, Sakae Kudoh, Masaki Uchida, Yukiko Tanabe, Masakane Inoue, Hiroshi Kanda
The 6th Symposium on Polar Science、国立極地研究所(東京)  2015年11月16日

Linkage between phototroph community structures and the photosynthesis of differently pigmented groups of biological soil crusts in a High Arctic glacier foreland, Svalbard
Tanabe Y, Masumoto S, Uetake J, Uchida M
ASSW (Arctic Science Summit Week) 2015, 富山国際会議場(富山) 2015年4月29日

Limnological and ecological study of Antarctic lakes around Syowa Station
Tanabe Y
Ecological Seminar for Limnology of Innsbruck University, インスブルック(オーストリア) 2015年4月20日【招待講演】

Light quality mediated by terrestrial material cycling changes primary production in Antarctic oligotrophic lakes
Tanabe Y, Makoto H, Yamamuro M, Kudoh S
5th International Multidisciplinary Conference on Hydrology and Ecology, ウィーン(オーストリア) 2015年4月14日

Mechanisms of nutrients enclosure inside benthic microbial mats in Antarctic oligotrophic lakes by combination approach of observation data and theoretical study
Mizuno A & Tanabe Y
5th International Multidisciplinary Conference on Hydrology and Ecology, ウィーン(オーストリア) 2015年4月13日

Mechanisms of nutrients enclosure inside benthic microbial mats in Antarctic oligotrophic lakes by combination approach of observation data and theoretical study
Mizuno A & Tanabe Y
The 5th Symposium on Polar Science, 国立極地研究所(東京) 2014年12月3日

Mechanisms of nutrients enclosure inside benthic microbial mats in Antarctic oligotrophic lakes by combination approach of observation data and theoretical study
Tanabe Y, Mizuno A, Uchida M, Yamamuro M, Kudoh S
Polar Ecology Conference 2014, チェスケーブジョビジェ(チェコ)   2014年9月24日

Light quality mediated by terrestrial material cycling changes primary production in Antarctic oligotrophic lakes
Tanabe Y, Hori M, Uchida M, Osono T, Kudoh S, Yamamuro M
SCAR (Science Commitee on Antarctic Research) Open Science Conference 2014, オークランド(ニュージーランド)   2014年8月26日

Mechanisms of nutrients enclosure inside benthic microbial mats in Antarctic oligotrophic lakes by combination approach of observation data and theoretical study
Tanabe Y, Mizuno A
99th ESA (Ecological Society of America) Annual Meeting, サクラメント(アメリカ)   2014年8月12日

Limnology of the Syowa lakes, Antarctica, and ecophysiology of their phototrophs
Tanabe Y
Workshop on polar lakes and cyanobacteria "Pole-to-Pole Blue-Greens: Cyanobacteria and microbial ecosystems in the Arctic, Subarctic and Antarctica", ケベックシティ(カナダ)   2014年2月25日 【招待講演】

Photosynthetic characteristics of vascular plants under primary succession stages in a High Arctic glacier foreland, Svalbard
Tanabe Y, Uchida M
Ny-Ålesund Science Managers Committeen 11th Seminar , ローマ(イタリア)   2013年10月10日
 
Light quality limits primary productivity of phytobenthos in Antarctic freshwater lakes
Tanabe Y, Hori M, Kudoh S, Yamamuro M
11th INTECOL Congress, ロンドン(イギリス)   2013年8月21日 
  
Light quality determines primary production of phytobenthos in Antarctic freshwater lakes
Tanabe Y, Hori M, Kudoh S, Yamamuro M
XIth SCAR (Scientific Committee on Antarctic Research) symposium, バルセロナ(スペイン)   2013年7月19日   
 
Nutrients in sediments as driving force behind Antarctic lake ecosystems
Tanabe Y, Hori M, Uchida M, Osono T, Yamamuro M, Kudoh S
34th Symposium on Polar Biology, 東京   2012年11月27日  【招待講演】
 
Production and nutrient cycling in Antarctic lakes deciphered from stable isotope measurements
Hori M, Tanabe Y, Kudoh S, Yamamuro M
34th Symposium on Polar Biology、東京   2012年11月27日   
 
Massive, simultaneous floatation of phytobenthic microbial assemblages under the lower ice surface of a frozen Antarctic lake.
Kudoh S & Tanabe Y
34th Symposium on Polar Biology、東京   2012年11月27日   
 
Microfungi associated with standing-dead willow seedlings planted in East Antarctica
Osono T, Hirose D, Tanabe Y, Uchida M, Kudoh S
34th Symposium on Polar Biology、東京   2012年11月27日   
 
Photosynthetic responses to water and light of five Arctic lichens and their photobionts
Inoue T, Kudoh S, Uchida M, Tanabe Y, Kosugi M, Inoue M, Kanda H
34th Symposium on Polar Biology、東京   2012年11月27日   
 
Morpho-functional study of the digestive organs of the Antarctic notothenioids
Takiue S, Nagano Y, Tanabe Y, Kudoh S, Imura S, Yamamoto T, Akiyoshi H
34th Symposium on Polar Biology、東京   2012年11月27日   
 
Morphological and biochmical studies of the liver correlates of preferred temperature in Antarctic rock cod, Trematomus bernacchii
Akiyoshi H, Takiue S, Tanabe Y, Kudoh S, Imura S, Yamamoto T
34th Symposium on Polar Biology、東京   2012年11月27日   
 
Nutrients in sediments as driving force behind Antarctic lake ecosystems
Tanabe Y, Hori M, Uchida M, Osono T, Yamamuro M, Kudoh S
Polar Ecology Conference 2012、チェスケーブジョビジュエ(チェコ)   2012年10月   
 
Massive, simultaneous floatation of phytobenthic microbial assemblages under the lower ice surface of a frozen Antarctic lake
Kudoh S, Tanabe Y
Polar Ecology Conference 2012、チェスケーブジョビジュエ(チェコ)   2012年10月   
 
Effects of life form and substrate differences on water availability for Arctic lichens during snow-free summers in the high Arctic Glacier foreland
Inoue T, Kudoh S, Uchida M, Tanabe Y, Inoue M, Kanda H
Polar Ecology Conference 2012、チェスケーブジョビジュエ(チェコ)   2012年10月  
 
Nutrients and hydrogen sulfide distribution in Antarctic lake sediments
Tanabe Y, Hori M, Yamamuro M, Kudoh S
2012 ASLO Aquatic Science Meeting、琵琶湖(滋賀)   2012年7月   
 
Variabilities of optical properties of waters and spectral absorption pattern of phytobenthos communities in Antarctic lakes
Kudoh S, Tanabe Y
2012 ASLO Aquatic Science Meeting、琵琶湖(滋賀)   2012年7月  
 
Nutrient flow in Antarctic lakes estimated by means of sediment analysis
Hori M, Tanabe Y, Kudoh S, Yamamuro M
2012 ASLO Aquatic Science Meeting、琵琶湖(滋賀)   2012年7月   
 
Diversity of Antarctic lakes from the perspective of nutrients in gap water of lake sediments and lake water
Tanabe Y, Uchida M, Osono T, Yamamuro M, Kudoh S
33rd Symposium on Polar Biology、東京   2011年11月   
 
Internal waves observed under an ice-covered Antarctic lake
Kudoh S, Tanabe Y
33rd Symposium on Polar Biology、東京   2011年11月  
 
Diversity of fungi associated with mosses in Yukidori Valley, Langhovde, an ASPA of continental Antarctica
Osono T, Hirose D, Tanabe Y, Uchida M, Kudoh S
33rd Symposium on Polar Biology、東京   2011年11月   
 
Effects of substrate quality and lichen morphological differences on lichen water condition after rainfall in the High Arctic
Inoue T, Kudoh S, Uchida M, Tanabe Y, Inoue M, Kanda H
33rd Symposium on Polar Biology 、東京  2011年11月   
 
Comparative morpho-functional study in the digestive organs of the Antarctic rock cod, Trematomus bernacchii , in relation to phylogeny
Akiyoshi H, Yamamoto T, Tanabe Y, Kudoh S
33rd Symposium on Polar Biology、東京   2011年11月   
 
A real time spectroscopic ananlysis of the eye tissue of animals in the Antarctic region using a portable Raman spectrophotometer
Yamamoto T, Akiyoshi H, Yamamoto N, Imura S, Tanabe Y, Kudoh S, Ando M, Hamaguchi H
33rd Symposium on Polar Biology、東京   2011年11月 
 
Photosynthetic characteristics of vascular plants under primary succession stages in a High Arctic glacier foreland, Svalbard
Tanabe Y, Uchida M
Arctic Science Sumit Week 2011、ソウル(韓国)   2011年3月  
 
Photosynthetic characteristics of vascular plants under primary succession stages in a High Arctic glacier foreland, Svalbard
Tanabe Y, Uchida M
ISAR-2 (Second International Symposium on the Arctic Research)、東京   2010年12月   
 
Nutirients distribution in gap water of Antarctic lake sediments
Tanabe Y, Uchida M, Osono T, Kudoh S
32th Symposium on Polar Biology、東京   2010年11月  
 
Photophysiological responses and the structure are the key to the success of lush vegetation covering the lake beds in Antarctica
Tanabe Y, Kudoh S
31st Congress of the International Limnological Society、ケープタウン(南アフリカ共和国)   2010年8月  
 
Physiological adaptation of the snow algae, Ochromonas smithii and O. itoi to their habitat on the deposited snow surface
Tanabe Y, Shitara T, Kashino Y, Kudoh S, Hara Y
9th International Phycological Congress、東京   2009年8月   
 
Phytobenthos can flourish by photophysiological responses to the changing light environment in Antarctic lakes
Tanabe Y, Kudoh S
Xth SCAR International Biology Symposium、札幌(北海道)   2009年7月  
 
Photo-synthetic/protective pigments and light response of benthic algal mats living in Antarctic freshwater lakes as an adaptative strategy to UV and strong light.
Tanabe Y, Sakae Kudoh
Vth Asian Pacific Phycological Forum, ウェリントン(ニュージーランド), 2008年11月
 
Mat-forming benthic algal light responses living in Antarctic oligitrophic freshwater lakes-Variability and the adaptability of photosynthesis to the surrounding light condition from field studies-.
Kudoh S, Tanabe Y
Vth Asian Pa cific Phycological Forum, ウェリントン(ニュージーランド), 2008年11月
 
Effects of Antarctic Lights (include UV) on the Terrestrial Ecosystem.
Tanabe Y, Sakae Kudoh, Hiroshi Kanda
IPY PROGRAMME for the 1st TARANTELLA (Terrestrial ecosystems in Arctic and Antarctic: effects of UV light, liquefying ice, and ascending temperatures) workshop, リランド(オランダ), 2006年10月
 
Photo-synthetic/protective pigments in benthic algae from Antarctic shallow lakes as an adaptative strategy to UV and strong light.
Tanabe Y, Kudoh S, Fukuchi M
XXX Symposium on Polar Biology, 東京, 2007年11月
 
Variability and adaptability of the mat-forming benthic algal photosynthetic response in Antarctic shallow freshwater lakes.
Kudoh S, Kasamatsu N, Tanabe Y
XXX Symposium on Polar Biology, 東京, 2007年11月
 
Are Photosynthetic Pigments in Algae from Antarctic Lakes an Adaptative Strategy to UV and Strong Light ?
Tanabe Y, Kudoh S, Fukuchi M
XXIX Symposium on Polar Meteorology and Glaciology and Polar Biology, 東京, 2006年11月
 
Toward a development of an enzymatic system that converts biomass to biomethanol: Design of a tailor-made reductase for an artificial methane monooxygenase assembly.
Tanabe Y, Morii M, Ohkubo K
The Joint International Conference on “Sustainable Energy and Enviroment, タイ, 2004年12月
 
Tailoring receptors and sensors from an RNA-peptide assembly.
Tanabe Y, Hagihara M, Sato S, Ohkubo K, Morii T
International Symposium on Nano-organization and Function, 東京, 2004年11月

 

—————

学会・研究会・シンポジウム発表(国内)

南極の貧栄養湖沼の湖底マット内への栄養塩囲い込みメカニズム
田邊優貴子、水野晃子、佐々木顕
第81回日本陸水学会大会、琉球大学(沖縄) 2016年11月6日

高緯度北極陸域生態系における研究とこれからの取り組み
田邊優貴子
北極域研究共同推進拠点開設記念講演会  2016年5月21日  北極域研究共同推進拠点, 北海道大学(札幌)

南極の貧栄養湖沼の湖底マット内への栄養塩囲い込みメカニズム
田邊優貴子、水野晃子
第63回日本生態学会大会、仙台国際会議場(宮城)  2016年3月24日 

高緯度北極ミツユビカモメ営巣崖の崖錐土壌の高い硝化・脱窒能
林健太郎、田邊優貴子、小野圭介、Maarten JJE Loonen、内田雅己、早津雅仁
第63回日本生態学会大会、仙台国際会議場(宮城)  2016年3月24日

植生の長期モニタリングに向けたRGBデータ解析方法の開発
水野晃子、田邊優貴子
第63回日本生態学会大会、仙台国際会議場(宮城)  2016年3月22日

Introduction of eco-physiological study of primary producers and future work on nitrogen cycle
Tanabe Y
スピッツベルゲン島ニーオルスン陸上生物研究20周年記念集会、国立極地研究所、2015年2月19日

歩く・漕ぐ・潜る 〜極地での湖沼生態系調査〜
田邊優貴子
2014年度 海外学術調査フォーラム、東京外国語大、2014年6月28日

小宇宙としての南極湖沼
田邊優貴子
早稲田大学理工学術院CNT研究会、早稲田大、2014年5月28日

貧栄養湖沼の一次生産は光の質によって決定される
田邊優貴子、堀誠、内田雅己、工藤栄、山室真澄
第61回日本生態学会大会、広島、2014年3月17日

小宇宙としての南極湖沼 ~湖底光合成生物群集と湖沼生態系発達機構の研究~
田邊優貴子
総研大「惑星科学と生命科学の融合」第3回研究会
清里(長野) 2013年8月8日 【招待講演】
 
南極湖沼をモデルとした現象・理論・実証の統合を目指して
田邊優貴子
第60回日本生態学会大会、シンポジウム「小宇宙としての南極湖沼生態系:極限環境からつなげる現象と理論」 (企画者:田邊優貴子、水野晃子)
静岡   2013年3月7日 
  
室内実験から読み解く南極湖底藻類の光合成と色素合成誘導の光波長依存性
田邊優貴子
第60回日本生態学会大会、シンポジウム「小宇宙としての南極湖沼生態系:極限環境からつなげる現象と理論」 (企画者:田邊優貴子、水野晃子)
静岡   2013年3月7日   
 
高緯度北極に生育する地衣類の水利用と光合成活動の解明
井上 武史、工藤 栄、内田 雅己、田邊 優貴子、小杉 真貴子、井上 正鉄、神田 啓史
第60回日本生態学会大会, 静岡   2013年3月6日   
 
南極湖沼生態系を支える湖底の栄養塩
田邊優貴子、堀誠、内田雅己、大園享司、山室真澄、工藤栄
日本陸水学会第77回大会   2012年9月   
 
安定同位体比から見る南極湖沼の堆積物発達機構
堀誠、田邊優貴子、工藤栄、山室真澄
日本陸水学会第77回大会   2012年9月   
 
南極湖沼の光環境の多様性、その要因、生物応答
工藤栄、田邊優貴子
日本陸水学会第77回大会   2012年9月   
 
ウガンダ・ルウェンゾリ山の氷河上に分布する塊状の蘚苔類(コケ植物)
植竹淳、田邊優貴子、原宏輔、田中聡太、本山秀明、幸島司郎
雪氷研究大会全国大会2012   2012年9月   
 
地衣とその共生緑藻の乾燥時における光阻害の波長依存特性について
小杉真貴子、井上武史、田邊優貴子、東 正一、亀井保博、工藤栄、伊村智
日本地衣学会第 11 回大会   2012年7月   
 
地衣とその共生緑藻の乾燥時における光阻害の波長依存特性について
小杉真貴子、井上武史、田邊優貴子、東 正一、亀井保博、工藤栄、伊村智
第3回日本光合成学会 年会・公開シンポジウム   2012年6月   
 
南極湖沼の光環境の多様性と藻類群集鉛直構造による光の変質の実態:観測データから
工藤栄、田邊優貴子
企画集会「藻類の群集構造と進化動態-理論と実証その2-」企画者:工藤栄・田邊優貴子・水野晃子・吉山浩平・佐々木顕
日本生態学会第59回大会   2012年3月 
  
Photosynthetic responses to water and light on Arctic lichens and their photobionts
井上武史、工藤栄、内田雅己、田邊優貴子、小杉真貴子、井上正鉄、神田啓史
日本生態学会第59回大会   2012年3月   
 
昭和基地周辺の湖沼における栄養循環
堀誠、田邊優貴子、工藤栄、山室真澄
第33回極域生物シンポジウム   2011年9月  
 
湖底間隙水と湖水の栄養塩から見た南極湖沼の多様性
田邊優貴子、内田雅己、大園享司、山室真澄、工藤 栄
日本陸水学会第76回大会   2011年9月   
 
昭和基地周辺の湖沼における栄養塩循環の解明
堀誠、田邊優貴子、工藤栄、山室真澄
日本陸水学会第76回大会   2011年9月   
 
南極越冬中(2010)に出会った南極湖沼のちょっと面白い現象
工藤栄、田邊優貴子
日本陸水学会第76回大会   2011年9月   
 
高緯度北極氷河後退域における遷移段階と維管束植物の光合成特性との関係
田邊優貴子、内田雅己
地球惑星科学連合大会2011   2011年5月  
 
南極の湖底藻類群集における鉛直分布構造
田邊優貴子
企画集会「藻類の群集構造と進化動態~理論と実証~」企画者:水野晃子・田邊優貴子・山道真人・吉山浩平
日本生態学会第58回大会   2011年3月   
 
南極の湖に広がる森の謎 [招待講演]
田邊優貴子
第30回北海道若手生態学研究会   2011年2月
 
Photophysiological responses and the structure are the key to the success of lush vegetation in Antarctic lakes [招待講演]
Tanabe Y
明治大学 GCOE第27回Mathematical Ecology & Evolution Seminar   2011年2月   
 
南極湖沼生態系における藻類群集の光生理・生態学的研究 [招待講演]
田邊優貴子
京都大学 人間・環境学研究科 特別セミナー講演   2011年1月  
 
南極湖沼生態系における光合成生物集合体の形態・構造および機能の多様性
田邊優貴子、佐々木顥
総合研究大学院大学 学融合研究事業・公開研究報告会   2011年1月  
 
南極の湖沼生態系 ~光変動に対する植物プランクトンと湖底藻類群集の応答~ [招待講演]
田邊優貴子
第20回日本数理生物学会大会   2010年9月   
 
南極湖沼生態系における光合成生物集合体の形態・構造および機能の多様性
田邊優貴子、工藤栄
日本陸水学会第75回大会   2010年9月  
 
雪上藻類の生息環境への生理的適応 [招待講演]
田邊優貴子、設楽智文、菓子野康浩、工藤栄、原慶明
日本植物学会第73回大会   2009年9月   
 
南極スカーレン大池に浮遊する藻類群集塊の生き方
田邊優貴子、工藤栄
日本陸水学会第74回大会   2009年9月   
 
南極の湖底に広がる森の謎 –知られざるその光環境と光生理学的応答からのアプローチ- [招待講演]
田邊優貴子、工藤栄
第50回日本植物生理学会大会   2009年3月   
 
南極の湖底に広がる藻類の森 〜光生理・生態学的アプローチ〜
田邊優貴子、工藤栄
日本藻類学会第33回大会   2009年3月 

 

—————


お問い合わせ先

田邊優貴子

「大学院生募集中!」
一緒に南極や北極で研究をしたい大学院生(修士、博士課程)は随時募集中です。
国立極地研究所は、「総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻」として大学院教育もしています。
まずは、問い合わせフォーム or メールにてご連絡下さい。

「取材・講演依頼など」
取材・講演・執筆依頼などありましたら、
お気軽に メール or 問い合わせフォーム にてご連絡下さい。