その他

1. 所属学会

日本生態学会、日本陸水学会、日本光合成学会
アメリカ陸水海洋学会(ASLO)、イギリス生態学会(BES)

—————

2. 査読雑誌

Polar Biology
Ecological Research
Marine Ecology Progress Series
Population Ecology
Limnology
Microbial Ecology
Journal of Phycology
Polar Science
Antarctic Records

—————

3. 学会等での集会・シンポジウムの企画など

企画セミナー

科学とは何か? 〜科学の成り立ち、社会との関わりから科学を考える〜
早稲田大学高等研究所 自然科学系セミナーシリーズTop Runners’ Lecture Collection of Science
早稲田大学(東京)、2013年12月5日
企画者・コーディネーター:田邊優貴子

企画シンポジウム

「小宇宙としての南極湖沼生態系:極限環境からつなげる現象と理論」
日本生態学会第60回大会、静岡コンベンションアーツセンター、2013年3月
企画者:田邊優貴子、水野晃子

企画集会

「藻類の群集構造と進化動態 ~理論と実証~ その2」
日本生態学会第59回大会、龍谷大学(滋賀)、2012年3月
企画者:工藤 栄、佐々木 顕、田邊優貴子、水野晃子

企画研究会

「微細藻類の潜在力解明へ向けた生態および細胞内制御機構の統合的研究」
微細藻類研究会、自然科学研究機構・基礎生物学研究所(愛知)、2011年8月
企画者:大西紀和、紫加田知幸、田邊優貴子

企画集会

「藻類の群集構造と進化動態 ~理論と実証~」
日本生態学会第58回大会、札幌国際コンベンションセンター(北海道)、2011年3月
企画者:田邊優貴子、吉山浩平、水野晃子

企画集会

「藻類の個体群動態と競争 ー群集の決定要因ー」
第20回日本数理生物学会大会、北海道大学(北海道)、2010年9月
企画者:水野晃子、吉山浩平、田邊優貴子

—————

4. 競争的資金の獲得実績

研究代表者

日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究(A)
「環境変動下における極域湖沼生態系の生物多様性とその遷移・応答機構の解明」
     (研究期間2016〜2019年度)

日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)
「南極湖沼生態系からつなげる生命現象と理論」
     (研究期間2014〜2016年度)

総合研究大学院大学 学融合研究事業 学融合共同研究
「極域湖沼から探る生態系のメジャートランジション」
  (研究期間2014〜2015年度)

公益信託 エスペック地球環境研究・技術基金 研究助成
「植生の長期モニタリングに向けた画像のRGB解析法の開発」
  (研究期間2014〜2015年度)

早稲田大学 特定課題研究助成費 特定課題B
「環境変動下における極域湖沼生態系の遷移過程と応答機構の解明」
  (研究期間2014〜2014年度)

情報・システム研究機構 国立極地研究所 一般共同研究
「南極湖沼生態系からつなげる現象と理論」
  (研究期間2013〜2015年度)

早稲田大学 特定課題研究助成費 特定課題(新任の教員等)
「極域における湖沼・陸上生態系の発達と環境変遷の解明に向けた物質循環研究」
  (研究期間2013〜2013年度)

早稲田大学 特定課題研究助成費 特定課題A(一般助成)
「植生の長期モニタリングに向けた画像のRGB解析法の開発」
  (研究期間2013〜2013年度)

日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励金)
「極域における湖沼・陸上生態系の発達と環境変遷の解明に向けた物質循環研究」
     (研究期間2011〜2012年度)

日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ)
「南極陸域生態系の発達・変遷史の解明」
     (研究期間2009〜2010年度)

情報・システム研究機構 新領域融合研究センター 融合研究シーズ探索助成
「南極の藻類が生産する新規の紫外線吸収物質およびカロテノイド類の同定と生態的役割解明」
     (研究期間2009年度)

研究分担者

日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)(海外学術調査)
「バイカル湖における富栄養化にともなう生態系変質リスクの検証」
研究代表者:山室 真澄(研究期間2015〜2018年度)

日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)
「南極オゾンホール経由の紫外線がペンギンの眼に及ぼす影響のリアルタイム分光分析」
研究代表者:山本 達之(研究期間2012〜2014年度)

情報・システム研究機構 国立極地研究所 一般共同研究
「好冷性細菌の脂質に関する研究」
研究代表者:菓子野 康浩(研究期間2013〜2015年度)

総合研究大学院大学 学融合研究事業、公募型共同研究
「南極湖沼生態系における光合成生物集合体の形態・構造および機能の多様性」
研究代表者:工藤 栄(研究期間2010〜2012年度)

日本学術振興会 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
「南極露岩域湖沼における生態系発達史と多様性維持機構の解明」
研究代表者:山室 真澄(研究期間2011〜2012年度)

日本学術振興会 科学研究費補助金 科学研究費補助金 基盤研究(C)
「南極オゾンホール経由の紫外線が動物の眼に及ぼす影響に関する分光学的研究」
研究代表者:山本 達之(研究期間2009〜2011年度)

その他

文部科学省 大学若手教員海外滞在助成
「Laval大学 Center for Northern Studiesにで在外研究」
研究期間 2014年1月〜3月

—————


お問い合わせ先

田邊優貴子

「大学院生募集中!」
一緒に南極や北極で研究をしたい大学院生(修士、博士課程)は随時募集中です。
国立極地研究所は、「総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻」として大学院教育もしています。
まずは、問い合わせフォーム or メールにてご連絡下さい。

「取材・講演依頼など」
取材・講演・執筆依頼などありましたら、
お気軽に メール or 問い合わせフォーム にてご連絡下さい。